Hinoki pillow
ひのき枕
四万十挑色小粒ひのき

四万十ひのきと呼ばれる高知県四万十川流域のひのき。源流域の大野見近辺に四万十ひのきの赤身部分を使用しております。
赤身とは中央部分で、ひのきの精油成分により色づいています。表面の白太部分より硬く、良質な檜建材には主にこの心材部位を使用します。

ひのきの精油成分が多いが硬く、細やかな切断や研磨等の加工が難しい赤身部分を、独自製産により枕に適した小粒サイズに加工しています。 全体が赤身であることと、そのサイズ、形状は他社に例を見ません(※)。 そのオリジナリティーは使用感のオリジナリティーに直結しています。

ひのきは、その芳香・消臭・抗菌・防虫・防カピなどの作用で知られますが、弊社チップはそれらをもたらす精油成分が多い赤身であるためその効果を十分に発揮します。 ( 微生物研究センター等における、弊社製品試験データの公開  )
また、チップが約2mm角と小粒な為、枕使用時の表而の凹凸が小さく、肌当たりか優しくなっています。

ひのき枕は芳香・消臭・抗菌・防虫・防カビ・調湿・通気性などに優れますが、「四万十桃色小粒ひのき」のオリジナリティーにより、 弊社商品『 日本の枕・総ひのき 』はとりわけ最上級のひのき枕だと考えています。

また、形状操作性や適度なかたさという点では、他原料、そぱ穀など穀物系やパイプ、ビーズなど石油製品系などもいくつかございます。 しかし、穀物系はダニの温床になりますし、パイプ・ビーズ系は昨今のドリンクストローと同じく環境問題が否めません。 つまり、形状操作性や適度ながたさを持ち、防ダニ、消臭など衛生的で、環境に無害なひのきは極めて貴重な素材と考えています。

(※)一般的なひのき枕のチップは、外皮のすぐ内側の白太と呼ぱれる細分のみを用いたもの、または白太、赤身含め全体を使用したものだと恩います。 白太はやわらかく加工かしやすい反面、そもそものひのき成分が少ない細分です。 そしてそれらを7mm程度のサイコロ状や円筒状にしたものがほとんどであると思います。

ひのき枕の商品一覧
 
 

PAGE TOP